胡蝶蘭を贈る時期

友人や知人、取引先や上司などから就任祝いのお知らせが届いたら、なるべく早めに胡蝶蘭を贈りましょう。早ければ早いほど、お祝いの気持ちが伝わるので、できるだけ1週間以内に贈るのがベスト。またあまり遅くなりすぎるのもマナー違反となりますので、贈るタイミングに気を付けることが大切。しかし、会社に贈る場合は、就任前は前任の人に失礼にもなりますので、就任当日かそれ以降の早めに送ること。贈る日にちは、仏滅は避けて大安や友引を選びましょう。

ビジネス関係の方に贈る場合は、立て札がマナー。物などのギフトの場合は、熨斗紙と水引をつけますが、胡蝶蘭の場合は、「就任後祝」や「御祝」と書き、自信の名前や会社名、役職などを明記した立て札を胡蝶蘭の鉢植えに差します。手書きのメッセージなども添えると、お祝いの気持ちがより伝わります。

就任して困難なことがあっても「幸せが飛んでくる」、縁起の良い花の贈り物は、何を贈ればいいか迷ったり時間がなかったりするときにはおすすめですが、相手の好みや嗜好がわかっているなら、本当に喜ばれそうなギフトを探すのがいいでしょう。就任祝いの贈り物の候補として、いつも頭の片隅に胡蝶蘭の存在を置いておくことが、社会人のマナーとして大切です。

胡蝶蘭の購入先

友人や知人、取引先、上司などの就任祝いの贈り物選びに迷ったら、おすすめなのが胡蝶蘭。ゴージャスで見栄えがよく、嫌な香りがなく、花持ちがよく手入れが簡単な植物なので誰からも喜ばれます。数千円から購入できますが、3本や5本立ちのボリュームのある胡蝶蘭が人気で、就任祝いに贈るには、贈る相手との関係性によりますが、3~5万円が相場といわれています。

胡蝶蘭を贈るのに決まったマナーはありませんが、一般的には白色で3~5本立ちが贈られることがほとんど。個性的な相手だったり、ショップの場合はその雰囲気に合わせてピンクや黄色の胡蝶蘭をチョイスしたりするのもいいでしょう。

ある程度の大きさの胡蝶蘭を贈る場合、自ら運ぶのは大変。そんなときはフラワーショップで注文して届けてもらうのはもちろん、昨今は手軽に注文できる生産直売のネットショップも人気。胡蝶蘭専門のショップもあるので、サイズや価格からセレクトしやすいのが魅力です。24時間営業で対応してくれるネットショップもあるので、利用してみるといいでしょう。

また店頭購入の場合は、胡蝶蘭1本約1万円が相場ですが、ネットショップでは3本立ちで1万円といった破格値で販売していることもあります。ほとんどが立ち札やラッピングのサービスもあるので安心です。

お祝いに迷ったら胡蝶蘭

知人や友人などの就任祝いに、何を贈ればいいのか、また相場はどれくらいなのか悩みませんか?とくに取引先や上司などに贈る場合は失礼があってはいけません。物の場合は、友人や知人などは相手の好みがわかっても、取引先や上司などは趣味嗜好を知らないことも多いでしょう。いくら紅白か金銀の蝶結びの水引をつけたきちんとしたギフトにしても、お酒を飲めない人にアルコールを贈ったり、持病のある人の塩分や糖分の高い食品を贈ったりしても嫌がられます。

そんなときに、間違いのない贈り物として一般的なのが「胡蝶蘭」。胡蝶蘭は就任祝いはもちろん、ショップ、ビルなどの開店祝い、新築祝いなどさまざまなお祝いのギフトとして贈られる花です。優美で凛としたそのたたずまいが華やかさを演出します。

また「幸福が飛んでくる」という花言葉があり、縁起のいい花としても知られています。とくに胡蝶蘭の鉢植えは「根を下して頑張る」という意味もあるので、胡蝶蘭+鉢植えはダブルで縁起がいいのです。花の香りやお手入れが苦手な人も多くいますが、胡蝶蘭は香りが少なく、丈夫な植物なため手入れも楽。花持ちがいいので、贈った相手も負担になりません。

学名はPhalaenopsis(ファレノプシス属)で、日本語では、蝶が舞っているように見えるということで、胡蝶蘭という名前がつきました。花言葉は「幸福が飛んでくる」「あなたを愛します」「清純」で、就任祝い・開業祝い・開店祝いなどの贈り物には最適なお花です。

就任祝いとなると、他社や他人からもたくさんの胡蝶蘭が届くので、あまり見劣りしないサイズを選ぶことがポイント。就任祝いの一般的な相場は3~5万円、大企業の幹部クラスであれば4~5万円が妥当でしょう。普段どれほどお世話になっているか、相手との関係性によって調整することも大切です。