お祝いに迷ったら胡蝶蘭

Pocket

知人や友人などの就任祝いに、何を贈ればいいのか、また相場はどれくらいなのか悩みませんか?とくに取引先や上司などに贈る場合は失礼があってはいけません。物の場合は、友人や知人などは相手の好みがわかっても、取引先や上司などは趣味嗜好を知らないことも多いでしょう。いくら紅白か金銀の蝶結びの水引をつけたきちんとしたギフトにしても、お酒を飲めない人にアルコールを贈ったり、持病のある人の塩分や糖分の高い食品を贈ったりしても嫌がられます。

そんなときに、間違いのない贈り物として一般的なのが「胡蝶蘭」。胡蝶蘭は就任祝いはもちろん、ショップ、ビルなどの開店祝い、新築祝いなどさまざまなお祝いのギフトとして贈られる花です。優美で凛としたそのたたずまいが華やかさを演出します。

また「幸福が飛んでくる」という花言葉があり、縁起のいい花としても知られています。とくに胡蝶蘭の鉢植えは「根を下して頑張る」という意味もあるので、胡蝶蘭+鉢植えはダブルで縁起がいいのです。花の香りやお手入れが苦手な人も多くいますが、胡蝶蘭は香りが少なく、丈夫な植物なため手入れも楽。花持ちがいいので、贈った相手も負担になりません。

学名はPhalaenopsis(ファレノプシス属)で、日本語では、蝶が舞っているように見えるということで、胡蝶蘭という名前がつきました。花言葉は「幸福が飛んでくる」「あなたを愛します」「清純」で、就任祝い・開業祝い・開店祝いなどの贈り物には最適なお花です。

就任祝いとなると、他社や他人からもたくさんの胡蝶蘭が届くので、あまり見劣りしないサイズを選ぶことがポイント。就任祝いの一般的な相場は3~5万円、大企業の幹部クラスであれば4~5万円が妥当でしょう。普段どれほどお世話になっているか、相手との関係性によって調整することも大切です。