胡蝶蘭を贈る時期

Pocket

友人や知人、取引先や上司などから就任祝いのお知らせが届いたら、なるべく早めに胡蝶蘭を贈りましょう。早ければ早いほど、お祝いの気持ちが伝わるので、できるだけ1週間以内に贈るのがベスト。またあまり遅くなりすぎるのもマナー違反となりますので、贈るタイミングに気を付けることが大切。しかし、会社に贈る場合は、就任前は前任の人に失礼にもなりますので、就任当日かそれ以降の早めに送ること。贈る日にちは、仏滅は避けて大安や友引を選びましょう。

ビジネス関係の方に贈る場合は、立て札がマナー。物などのギフトの場合は、熨斗紙と水引をつけますが、胡蝶蘭の場合は、「就任後祝」や「御祝」と書き、自信の名前や会社名、役職などを明記した立て札を胡蝶蘭の鉢植えに差します。手書きのメッセージなども添えると、お祝いの気持ちがより伝わります。

就任して困難なことがあっても「幸せが飛んでくる」、縁起の良い花の贈り物は、何を贈ればいいか迷ったり時間がなかったりするときにはおすすめですが、相手の好みや嗜好がわかっているなら、本当に喜ばれそうなギフトを探すのがいいでしょう。就任祝いの贈り物の候補として、いつも頭の片隅に胡蝶蘭の存在を置いておくことが、社会人のマナーとして大切です。